遺産総額から差し引ける葬式費用とは

法改正によって相続税の控除額が減少したことにより、今後は相続税の申告や納付をしなければならない人が大幅に増えることになります。相続税はかなりの支払いが苦になることがありますので、遺産総額から控除できるものは出来るだけ差し引いておいた方が良いですが、意外と何を引くことができるのかを知っている人は少なくなっています。そのため、税理士に相談するのがおすすめではありますが、自分で申告をする場合には、葬式費用を忘れずに差し引きましょう。


とはいえ、葬式費用の中でも対象となっているものとそうでないものがあります。遺産から引くことができるのは、遺体の捜索、回収などの費用、葬式自体の費用、お通夜にかかった額や遺族・お手伝いをしてくれた人などに振舞う飲食代、火葬、寺などへの戒名料などになります。基本的には、葬式前後にかかった必要経費のみを差し引くことになりますので、その後に関連して行われる法事や墓石などの購入、香典返しなどに関しては対象外となっています。ただ、相続人間で遺産を分ける場合には、これらの費用も経費として含めることが合意できれば、全て差し引くことが可能となりますので、混同しないように気をつけましょう。