こんな場合は差し引けない:初七日や法事

相続税を計算するというような際には「控除」の制度を利用することが可能です。
この控除の対象としては主に「故人の葬儀が執り行われる当日までにかかった費用」が対象とされており、例えば葬式や火葬、埋葬等の手続きにかかる費用や、お通夜など「葬儀に必須である」と判断できる儀式に必要となった費用を遺産総額から差し引くことが可能です。
ただそれらの反面、差し引くことが出来ないものとされているのが「初七日」や「法事」といったような儀式に関連する費用です。
ではどうしてこれらの費用に関しては控除の対象とならないのかと言うと、これらはどれも「故人の葬儀が執り行われた後にかかる費用である」とされるからです。


どちらも葬儀が終わってから執り行われるものであり、そしてお通夜のように「葬儀」に必須の物であるかと言われればそうではありません。
そのため控除の対象からは外されており、たとえ申請をしたとしても差し引ける費用としては認められていないのです。
またこれらに加えて墓石や墓地の費用や、香典返しの費用などについても差し引ける費用としては認められないことになりますから、葬儀を執り行う際には必ず事前に確認をしておくことが必要です。

コメントは受け付けていません。